音を鳴らす(ビープ音を鳴らす)

ビープ音を3秒間鳴らすプログラムを作ります。インターフェースボードVer.1の圧電サウンダ(D0に接続)を使います。独自に配線する場合は、適宜ポート番号を変更して下さい。圧電サウンダは内部インピーダンスが大きいので抵抗器は必要ありません。

プログラム例)

//ビープ音を3秒鳴らす
void setup() {
  pinMode(0,OUTPUT);
  tone(0,280,3000) ;
}

void loop() {
}
//ここまで

【解説】
tone文は音を鳴らす命令文です。
カッコ内は(pin番号,周波数,鳴らす時間) ※鳴らす時間はオプションで、単位はms(ミリ秒)です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*