ボタンを押すとLEDが点灯する


インターフェースボードVer.1のSW1(D8),SW2(D9)が押されている間にLED1(D10),LED2(D11)が点灯するプログラムを作成します。SW1,SW2を単体で使用する場合は、10kΩ程度の抵抗器でプルアップします。なお、今回の接続はスイッチが押されたときにLOW,離したときにHIGHになります。下記の接続図を参考にして下さい。なお、LEDには直列に330Ω程度の抵抗器を入れて下さい。
スイッチの接続a

スイッチの接続方法(D9番も同様に接続します)
プログラム例)

//入力の実験
//SW1が押されている間、LED10が点灯する
//SW2が押されている間、LED11が点灯する
//入力ポートはD8,D9
//出力ポートはD10,D11

int ledpin;

void setup() {
  for (ledpin=8;ledpin<=9;ledpin++){
    pinMode(ledpin, INPUT);               // 入力に設定
  }
  for (ledpin=10;ledpin<=11;ledpin++){
    pinMode(ledpin, OUTPUT);              // 出力に設定
  }
}

void loop() {
  if(digitalRead(8)==LOW){                //SW1が押されたらD10点灯
    digitalWrite(10,HIGH);
    }
  else{                                   //押されていなければ消灯
    digitalWrite(10,LOW);
  }
  if(digitalRead(9)==LOW){                //SW2が押されたらD11点灯
    digitalWrite(11,HIGH);
    }
  else{                                   //押されていなければ消灯
    digitalWrite(11,LOW);
  }
}
//ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*