ボリュームでLEDの点滅の速さを変える

【Ver.1非対応】
Ver.2とArduino基礎学習シールドで利用可能です

D13に接続したLED4の点滅の速さを、A0に接続したボリュームで変えます。
A0からは0~1023の値が得られます。この値で待機時間を変えて、
これにより、点滅の速さが変化します。右に回すと電圧が上がるため、
点滅はゆっくりとなります。

// ボリュームを回してLEDの点滅の速さを変える
// A0からのアナログ入力を利用する
// A0からの入力値は0から1023となる

int ledPin = 13;      //整数型の変数宣言
int analogPin = 0;
int x;

void setup() {
  pinMode(ledPin, OUTPUT);   // ピン13を出力に設定
}

void loop() {
  x = analogRead(analogPin);    // アナログピンを読み取る
  digitalWrite(ledPin, HIGH);   // LEDをオンに
  delay(x);
  digitalWrite(ledPin, LOW);    // LEDをオフに
  delay(x);
}
//ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*