2個のLEDを明るくしたり暗くしたりする(PWM)

ArduinoにはPWM機能があります。
PWMとはデューティー比(通電時間の比率)を変化させて
電圧(実効値)を制御する手法です。
ここでは、電圧の実効値を上昇・下降させてLEDの明るさを
変化させてみます。

// 2個のLEDが交互に明るくなったり暗くなったりするプログラム
// PWM機能を用いてLEDの明るさを変える
// 出力値は0から255で指定する

int ledPin1 = 10;    //LED1をD10に接続
int ledPin2 = 11;    //LED2をD11に接続
int i;

void setup() {
 }

void loop() {
  for (i=0;i<=255;i++){          //LED1を明るくする
  analogWrite(ledPin1,i);
  delay(20);
  }
  for (i=255;i>=0;i--){          //LED1を暗くする
  analogWrite(ledPin1,i);
  delay(20);
  }
  for (i=0;i<=255;i++){          //LED2を明るくする
  analogWrite(ledPin2,i);
  delay(20);
  }
  for (i=255;i>=0;i--){          //LED2を暗くする
  analogWrite(ledPin2,i);
  delay(20);
  }
 }
 //ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*