ドレミファソラシド♪

プログラム例)

#define BEAT 300                  // 音の長さを指定
#define PINNO 0                   // 圧電スピーカを接続したピン番号(D0番)

void setup() {
  tone(PINNO,262,BEAT) ;          // ド
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,294,BEAT) ;          // レ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,330,BEAT) ;          // ミ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,349,BEAT) ;          // ファ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,392,BEAT) ;          // ソ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,440,BEAT) ;          // ラ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,494,BEAT) ;          // シ
  delay(BEAT) ;
  tone(PINNO,523,BEAT) ;          // ド
}

void loop() {
}
//ここまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*