インターフェース

IMG_0064

インターフェースボードVer.1の写真

IMG_0066

インターフェースボードVer.1の写真(全点灯)
インターフェースボードの作り方はこちらをクリックして下さい(pdfファイル)

実験や試作はブレッドボードでもできますが、リード線が外れてしまったりして使いづらいこともあります。そこで、幅広く使えそうなインターフェースボードを作ってみました。

このインターフェースボード(Ver.1)では2本の入力ポートと12本の出力ポートを使用し、圧電サウンダ1個,7セグメント表示器1個、緑のLED4個への出力と、タクトスイッチ2個からの入力ができます。

※今回はスイッチサイエンス社Arduino用バニラシールド基板ver.2(黒)を使用しました。とても便利で綺麗に仕上がります。

回路図
インターフェースボードVer1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*